筍三昧&ロハスフェスタ親善大使

おはよーございます。
ゴールデンウィーク最終日。農家にはあまり関係ないけど…。
ステキなお休みをお過ごしでしょうか???

今年は例年より気温が高くて、4月末でも夏日でしたね。まだ、身体がそれに慣れてなくて、疲れも倍増!!夜はぐっすり寝ている私です。あったかいので苗は順調に育ってます。このまますくすく育ってくれますように。

さてさて、この時期、山ではたくさんの筍がとれます。我が家の山は獣害対策の鉄柵等はしていないので、いのししさんは筍食べ放題状態です。ちょっと私たちもお裾分けいただいて、筍料理を作ってみることにしました。

筍ごはんや天ぷら等、筍の味を生かした料理はたくさんあるのですが、今回は筍が苦手な家族のために、ちょっと濃いめのごはんに合う筍料理にしました。

まずは「筍の土佐煮」
b0299028_862477.jpg

土佐煮とはかつお節のうまみとしょうゆ味をきかせた、ちょっと濃い味の煮もののこと。鰹節を使うことから、鰹で有名な土佐(現高知県)の名がついたと聞きます。

鍋にごま油を中火で熱し、蒟蒻(アク抜き済み)を炒める。砂糖、酒、醤油、だし汁を入れてしばらく炒め、筍を加える。落としぶたをして、煮汁が少なくなるまでしばらく煮詰める。火を止めて、味をしみこませ、鰹節を細かくしたものを全体にまぶす。

そしてもう一品。「筍と鶏ひき肉の卵とじ」
b0299028_8122745.jpg

甘辛く味付け。ごはんが進む一品です。木の芽を乗せると香りも良くて旨味UP!!

フライパンに油を少々入れて熱し、鶏ひき肉を入れる。火が通って来たら箸でポロポロにし、玉ねぎ(スライス)を加えて更に炒める。筍と調味料(砂糖、酒、醤油、水)を加えて炒め煮する。
全体に味が染み込んできたら火を止め、溶き卵を入れて蓋をする。
以上です??慣れたら難しくないです。すぐ出来ます!

うちの筍はアクが少ないので、米ぬかを使ったきちんとしたアク抜きはしてません。収穫した日に皮を全部剥いて、米のとぎ汁で10分〜15分湯がくだけです。あとは水につけておいて、冷蔵庫で保存。
筍は足がはやいので、なるべく早めに使い切ることをおすすめします。

筍の旬ももうあとわずかかな??手に入ったらお試しくださーい❤

遅くなりましたが、ブログでもロハスフェスタ親善大使の事を報告させて頂きます。
この度、ロハスフェスタ親善大使に任命して頂きました。

b0299028_8165533.jpg

b0299028_8171781.jpg


コレって何?と思われる方もいらっしゃると思いますが、万博公園、淡路、広島、東京で行われるBIGイベント「ロハスフェスタ」というのがあるのですが、その親善大使立候補の話しを友達が勧めてくれて、忙しい時期ではありましたが、自分の活動を発信できる機会だと思って、思い切って出てみました。結果、皆様の清き一票のお陰で、任命して頂く事ができました。ありがとうございます!!

ロハスフェスタHP→http://www.lohasfesta.jp

フェスタで出会ったステキな仲間と共に、ロハスをお伝えしていきます。任期は11月までになります。よろしくお願いします??

さて、パパッと報告でしたが、今日も農業頑張ります!!
行ってきます!行ってらっしゃい❤


レシピブログに参加中♪

[PR]
by momoskitchen | 2015-05-06 08:24 | 野菜レシピ | Comments(0)


Food coordinator and Farmer 桃が旬のお野菜レシピと気まぐれ農業日記をUPしていきます


by 桃

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
野菜レシピ
農業日記
日々の出来事
お弁当
ケータリング
SWEETS

外部リンク

画像一覧

ブログパーツ

ブログジャンル